与論シマライフログ

最近、HSP/HSSだったことに気が付きました。HSPの事や与論の事、舞弦鼓のことなどかいていきます。

身体で感じて、方法は頭で考えよう。(息子師匠から)

よく、「疲れてても寝れない」ときがあります。

睡眠不足だと、テンションもあがらないし、全体的にやる気がおきず、

気分も落ち込む。 よくあります。寝れない夜。

この前までは、運動しまくってたから、疲れて寝ることもできたけど

今は、ケガで動けず、肉体的疲労で寝るってことはできない。

 

なんかの時に息子に「なんで寝れないんだろう~??」

 

と聞いてみたら

「とうちゃん、夜ご飯食べ過ぎ。お腹いっぱい食べたら寝れなくなるよ!」

と。。。

!!!

確かに、食べた直後は、血糖値スパイクで眠くなる。それはわかる。

 

しかし、その数時間後まで影響しているのだ。

血糖値スパイク→インスリン→アドレナリンどばどば

 

そう、アドレナリンどばどばで、興奮状態になり眠れなくなる。。

ほほー。

 

で、ケガする前まで飲んでたのが、

桑の葉の粉末。もらったから飲んでたんだけど

あれが非常によかったらしい。桑の葉。あなどれないぜ。

桑葉の成分に血糖値の上昇を抑える作用がある | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

 

ということで、巷でよくいわれるように

夜は軽めにしよう。

 

 

それから

息子「お腹がすいた時に食べればいいのに」

と。

 

一般的には

「家族そろって同じ時間に食事をする」

というのが理想ではあるけど、実際のところ、難しくない?

しかも、うちの場合、食事する以外で結構コミュニケーションはとってるほうだと

思うのです。

 

息子は、おなかすいたてたら、皆と食べる

すいてなかったら、食べない。

 

を徹底しています。

運動したり、友達と遊んだり活動量が多かったときは

びっくりするぐらいよく食べる。

そういうときは、普段食べたがらない野菜とか肉も積極的に

食べるんだよね~(^^♪

 

身体が欲するものを、欲するがままに食べる。。。

 

それでいいのかもしれないね。

 

自分は思い込みで

「残してはいけない」

「時間になったら食べないといけない」

としているけど、(昔ほどはその思い込みはないけど)

 

まだまだ、頭で考えてんだなぁ~と。

 

身体で、考えよう。

身体で感じて、方法は頭で考えよう。