与論シマライフログ

最近、HSP/HSSだったことに気が付きました。HSPの事や与論の事、舞弦鼓のことなどかいていきます。

勇気を出してやってみた

劇団「野生を編む島人(しまびと)」 第1回公演「野生を編む島」

先日、参加させてもらいました。

 

自分の中では大きな一歩でした。

・劇とダンス

やってみたかったこと、一気にできた感じ。

代表の沖たかとしにまかせっきりだったので、申し訳ない気持ちと

もっとできたなーと思う気持ちと。

 

2年前、与論で文化庁教育委員会主導で「方言劇」

がありました。2年前は、参加を躊躇して、去年は

公演直前で、ドタキャンしてしまいました。

 

すごく落ち込んだ時期でもあり、仕事も舞弦鼓も身体も何かも

ダメダメに感じて、自分責めをしまくっていた時期。

ものすごーく落ち込んでいました。仕事も手につかず、、

で、ドタキャン。

 

そして、半年後くらいに、沖くんから、「劇とダンスやってみませんか?」

と誘いがあったので、「うん!やる!」と。

 

ここで、やっとかないと、できない!そして、きっと後悔する!って思ってた。

あと、嫁さんに「あんたは大事なところで、もうちょっとで成功しそうなところで、

やめるよね」と、言われたのがずっと頭に残っていて、

今度、何か話が来たら、必ず、、下手でも、びびったままでもいいから

やり切ろうと思ってた。

 

そんなときのお誘いでした。

(そのあと、タッタタ探検組合という劇団でも、わずかですが、劇とダンスにも

挑戦することになったのも、また面白いな)

 

そして、おもしろいことに、2年前に出会ったダンスの師匠が与論でしばらく生活するしなんか、うごいてるううう!!

 

出演者も、沖たかとしが声をかけたメンバー。

それぞれ、自分の世界があり、活躍してる人。

そういえば、中学生の時は、沖たかとしの姉に、演劇部を誘われたのであった。

っていうのを思い出し、なんなんだ、この姉弟は?

て、打ち上げの時思ってたのです。 

 

毎回お茶と食べ物を差し入れしてくれたり、

みんなが疲れてたら、盛り上げてくれてたり、

タップダンサーいたり、経営者いたり、村の跡継ぎがいたり。

表現力の塊な人だったり。

 

いいメンバーだった。

 

見てる人は、意味がわからなかったりしただろうし

映画とかドラマみたいに、お涙ちょうだいのシーンとか

最後どんでん返しとか、そういった表現はなかった。

そういった意図があって、脚本を書いたのだと思う。

 

そして、僕自身も、練習不足、追い込み不足だったし、

本番まで、何回も踊りを変えていた。

「何がわからないのかが、わからない状態」だった。

でも、逃げずにやれた( ;∀;)

殻を破れた。

自信がないのも見えていただろうし、

練習不足も見えていただろうし、

でも

でもでも

 

自分にとっては、とてもとても大きな一歩でしたっ。

 

ありがーと。

 

 

あの世界観が気になった方は、

 

この本、よんだらいいと思うのっ!!

珊瑚礁の思考

https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%8A%E7%91%9A%E7%A4%81%E3%81%AE%E6%80%9D%E8%80%83-%E3%80%94%E7%90%89%E7%90%83%E5%BC%A7%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%B8%E3%80%95-%E5%96%9C%E5%B1%B1-%E8%8D%98%E4%B8%80/dp/4865780564

 

 

うちあげで、ヤカが「すなおも、ここしばらくずっと落ち込んでたけど、

劇で救われたんじゃない?」と言われました。

感じる人は感じるのね。(笑)

 

気分が沈んだら、この人みてたらいいと思うよっ。

 

https://twitter.com/yoronjin