与論シマライフログ

HSP、HSC、与論の事、舞弦鼓、四柱推命、気づきなど、色々書いてくブログ

これからのビジネスで大切なこと

縁あってビジネス系のを受講できたので、メモメモ。

 

上場会社の話

エビデンスとファクト。

信用されるために、たくさんの情報を提供する。

→その情報を集めている間に、時代が変化していく。

 

母体があると、動きにくくなりがち。

ジャイアントキリングが生まれる。

個人が大きな業界に勝つ。

続きを読む

このブログ、アウトプットの場に

うーんやっぱりアウトプット大事。切実に。

 

エイサー、この1年ほとんどやってないんですが

たまにやるとすごく下手になってる。

 

そして、次の動きが、イメージできない。

上からの視点で見れない。

 

やってる時は、上からの視点、自分を上からみてる感じが

あるんだけど、その感覚が、ない。

 

そして、言語化もできない。

そうか、言語化、説明するって、やっぱりそういう目線が必要なんだよねぇ。

 

と、この前の神社ヨガでの会話で気づいたのでした。

f:id:azi-yoron:20210119232448j:plain

 

それにしても、今は、空亡期。

反対側の自分になって、より大きな自分になって本来の自分に戻る時期

なんだなぁと自分では感じてます。

 

今までできなかったことができるようになったし。

ほんと、反対側にいくんですよね。おもしろいことに。

 

バスケでは、もっと自分がシュートを狙う

仕事では、お金の管理がわりとできる(不思議)

 

ウェルスダイナミクスでいえば、

自分はスターなんだけど、今は反対側のアキュムレーターって

コツコツやる人になってる。

それが幸いして、いま一般社団法人の総務経理ができるんだろうなぁと。

これ、スターにいたら超苦手分野ですからね。。

 

タイミングって面白い。

 

最近は、第3子も生まれ、仕事も忙しく、充実してるっちゃ充実してる。

いぜんみたいに、「何何をしてるときが楽しい」みたいなのは追い求めず

「基本楽しいから、別にそんなの追い求めなくていいや」

っていう感じ。だから、基本、楽しい。

 

くるしい時期抜けたなぁーと。

 

そして、ほんとに、自分の事しか考えてなかったなぁと思うこの頃です。

島の人は優しい。

それに甘えず、しっかり恩返ししていこうと思う。今日この頃です。

 

さ、目の前の事、全力で打ち返そう。

 

 

 

ドラマ「恋する母たち」柴門ふみさんありがとう

ドラマ恋する母たち。

 

東京ラブストーリーや他たくさんかいてる漫画家・エッセイストさん。

csbs.shogakukan.co.jp

 

原作のイメージを練るために、与論に来島した際に、案内させて頂きました。

女性セブンへの連載ということで、何冊かは買ったのですが、買うのが

恥ずかしくて、しばらく読んでなかったのですが、ドラマ化されるとなり。

webコミックでも見れるらしいから、購入しよう♪

 

内容みて、ほんとにもう、感謝しかないですm(__)m

 

与論島の言葉連呼

フリースクール( ;∀;)

 

これだけで、もうほんとにこりゃありがたい。

 

www.tbs.co.jp

ドラマも、挿入曲とか主題歌のおかげ?で意外とドロドロ~じゃなく

もっとポップな感じでみれます。

 

なんというか、うれしい。

ありがとうございます。

 

また与論に遊びに来てくださいっ!

代表して、トゥイムチさせていただきますっ!!

 

 

組織(ティール組織)と経営(MQ会計)

「まずはキャッシュです!」

「稼げばいいって考えだから利益がでない」

いやぁ、耳が、胃が痛い。

9月から、不定期で開催される研修で、かなり勉強になってます。

経営の本とかは、読んだ事はあるけど、

結局「売上あげればいんでしょ」

って思ってたフシがあり、でも結局火の車。

というか、車にもなってなく、どんどん動けなくなる状況。

 

続きを読む

最近ミナタ海岸がアツイ!!

ここ数年で、与論の北側の海岸「ミナタ」が人気でてきてますね♪

f:id:azi-yoron:20201122024029j:plain

池田龍介&竹盛窪氏の盛り上げ

がポイントなのような気がします。

 

yunnu27.wixsite.com

島外に一番の知名度なんじゃないか?池田りょうすけくん。

環境保護啓蒙活動をするかたわら、スタンドアップパドルで海を案内している。

 

ウミガメ遭遇率がかなり高く、満足度もたかい。

地元民の自分がいって泳いでも、ウミガメいるとちょっとテンション

あがるからね、そりゃ島外から来た方はアガるでしょう♪

 

そいて、海を耕す男、竹盛窪さん。

与論島ウンパル学校 | NPO法人ポータルサイト - 内閣府

NPO法人のボス。

 

たしか自分が与論に帰る前から、いろんな活動をしていた。

ブログをみてて、「あーなんか色々面白い事やってる方だなぁ」

と思ってた。

本もだしてて、もちろんすぐよんだよ。

与論島 琉球の原風景が残る島/高橋誠一/著 竹盛窪/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

 

10年前に与論に帰ってきて、なんとまぁ、観光協会でお世話になって

与論の歴史、植物に詳しく、ガイドとか、パーマカルチャーなどで

すぐに挨拶することができ、個人的に案内もしてもらってすごくラッキーだった

思い出。

 

Facebookで「海を耕す」tっていう言葉をつかってて

いやもう、かっこいい。かっこいい。

 

 

 

という感じで、このお二方の力により、この5年でかなりミナタに足を運ぶ

人は増えてると思うのだ。

思うだけなので、数えてないから知らんけど。

 

そんな場所に、ちらっと研修かねていってきましたの。

 

f:id:azi-yoron:20201122024034j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024039j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024044j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024049j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024054j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024100j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024104j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024102j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024107j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024112j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024116j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024121j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024128j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024132j:plain

f:id:azi-yoron:20201122024137j:plain

潮が引くと、クルパナ海岸まで歩いていけたー(*^-^*)

 

 

ちなみに、うちから、車で10分ちょっとかかるんだけど

いつも車で1分とか、5分くらいとかの海いってるから

「父ちゃんとおいよーーーーーーーーー」

とぶつくさいっておりましたが、

いや、きみたち、都会いったら、海いってかえってくるの、1日かかるんだよ(´・ω・`)

と言ったら( ゚д゚)ポカーンとしてました。

 

今頃、沖縄本島で、ぱっと泳げる海の遠さ感じてる事でしょう。。。

 

9月10月のフリースクール♪

さてさて、9月に再開したフリースクール

最近では、いろんな出会いがあり、繋がりや勉強になることがたくさん。

 

国際バカロレア教育を知る

与論に何度も来ているご家族との出会い。

お子さんが通ってる学校がインターナショナルスクールで

「国際バカロレア」という教育方法を用いていて、

それが、自分の感じていること、やりたい教育にとても近い。

 

「1つのテーマを複数の教科で探究する独自の教育法」

とか。むちゃんこいいじゃーーーーーーん!!!

 

例えるなら、ケーキ作りの分量はかる時に、特に、テキストに載ってない

時の計算とか、割り算やら必要だし

 

地理の勉強しながら、地理的に天気とか、社会性とか繋げて勉強する

的な?

なのかな?

沖縄にもあるみたいだから、出産の付き添いで沖縄いくから、

いってみたいなー。

 

 

 島根大学院生との交流

 

f:id:azi-yoron:20201108222815j:plain

f:id:azi-yoron:20201108222826j:plain

うちの子もすぐになじんで、少し与論を案内♪

 

スクールでは、熱気球をつくったり、バニラアイスを1分でつくったり。

子ども達も、たのそーに参加してました♪

 (なんてこった写真がない!!!!( ;∀;))

 

f:id:azi-yoron:20201122000812j:plain

この機会に、頂いた玄米をはんごうで炊いてみましたー!!

 

 

f:id:azi-yoron:20201122000800j:plain

息子がはまり、しばらく我が家は玄米ご飯になりました。

 

 

f:id:azi-yoron:20201122000815j:plain

 



池田理恵さんのところで、持続可能な社会づくりや教育、環境などの話をしながら

ガーデンづくり、畑づくり体験。

 

土と菌、生ごみをたい肥へ、いろんな話をしました。

 

そして、環境問題、ゴミ処理についても少しおもったところが。

ゴミ処理については、必要性や価値が浸透してて、だから行政もお金をだすし

仕事として成り立ってる側面がある。必要な仕事なんだ。

 

そして、エコ的な仕事は、価値を理解されにくい。とくに行政的なところでは。

だって、やらなくても、今ごはん食べれてる人が多いから。

(行政だけじゃないよ、一般の人もね)

だからこそ、今のうちから、啓蒙、ブランディングというかしておかなければ。

目の前の何か、見えなくしてしまえば、それで解決!という

ものでもない。

だからこその、矛盾をかかえつつもどんどんやっていく必要があると思う。

 

難しいところにつっこんでいった、りえらしい生き方だなぁと、応援しております。

 

 

 

 

 

そしてそして

子ども園、幼稚園とかではわりとのびのびなのに

小学校になったらいきなり、形を整えられ、創造の時間を制限されて、

そこのギャップは、そりゃくるしいよね。

 

こども園、幼稚園的なものを、そのまま、小学校にもってきたら

ダメなんかなー、そしたら、もっと、小学校で自信なくす子へるんじゃないかな。

 

大学院生のおかげで、小学校、中学校の教頭先生とお話しする機会もできました。

ありがたい♪