読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

意味が分かってきた【楽しさ】と【喜び】

考えごと 与論関係ない

今日はミスが連発し、とてもへこみました。

が、先方も「次回からはしっかり!」と売り上げを左右する

大きなミスにも関わらず、迷惑をかけてしますことになりますが、

あとは先方で対応してくださることに。。。

スタッフの方からもやさしい言葉を頂き涙が。。前線でお客さんと対応するのは

スタッフの方なんです。。ほんとに申し訳ございません。

 

そして、確認を怠ったことが原因ですががその前に、自分の中にも原因がありました。

 

 

いわゆる、会社勤めをやめたわけですが、おの理由の一つに

「本気になりたかったから」

「自分で仕事をうければ楽しくなりそうだから」

っていうのがあります。

 

「楽しそうに仕事してる人」、「本気でやってる人」って、輝いて見えますよね。

自分もそうなりたかった。

 

けど、実際会社勤めをやめると、「ラク」なほうに流れていっていたのかも

しれません。やることはたくさんありますが、「ラク」と感じる方を

自分で選択して、徐々に徐々に、まずい方向へ。。

 

「ラク」と「楽しさ」をはき違え、「楽しく仕事をする」を勘違い。

今回もラクをしようという、油断がでて発生したものだと、そう思います。

 

 

本気でやりたいって、なんだろう。

楽しいってなんだろう。ワクワクは確かに大事。

そのワクワクは人が与えるものではなく、自分で探していくもの。

 

たしかに、ある程度のワクワク感、楽しさ感は、得ました。

会社勤めしている時より、暗鬱な気持ちになることは減りました。

毎朝起きて、「今日も出勤か、やだな。次の休みはいつだろう」

という思いも、この半年、1度きりとしてない。

むしろ時間が足りない。

 

考えることが大事な仕事なので、常に仕事の事は頭の

片隅にあります。(あれもしなきゃ、これもしなきゃ)っていうのも。

 

でも、どこかで、「本気」にはなってなかったんですよね。

そして、自分が求めてたのって、「楽しさ」とかとはちがった、

「喜び」の方だった。

 

 

大げさかもしれないけど、

「楽しさ」は外部要因が大きなキーとなる。

「喜び」は内部要因が大きなキーとなる。

のかなぁ。

 

本気の人が苦手だったのも、本気になりたいのになれなかった裏返しかもしれません。

今は、なんか自分の中ではじけました。

 

自分が欲しかったものは、「楽しさ」それからくる「喜び」

 

過去は変えられないけど、これからの行動で、いい意味だったといえるように

成長しよう。今に集中して、できる事を最大限大きく考えよう。

できなくてもいいから、周りにのせいにせず、最大限ベストを尽くす。

それが自分が求めていた「喜び」につながる。

 

と思った日。過去の自分に教えてあげたい。

あんたのやりたいことは「喜び」を感じることだ!!

だから、想像できる最大限のことを今やりなさい!!

 

 

 

周囲の人に対しても「楽しんで」もらえれば、

もっと自分も楽しくなるんだよなぁ。。。