与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

オシャレすぎるものと、ちょうどいいもの

ちょうどよいがわからない。

 

例えば、オシャレな美容室。

自分はオシャレすぎる美容室は入れない。

(関東いたときはほとんど妹か同級生の店)

 

例えば、オシャレなお土産。

オシャレだと目が止まり、手は動くけど、

自分は財布は開かない。

 

オシャレだけど、3個入りよりも

手に取りやすいデザインな、6個入りを選んでしまう。

 

なんか、

「ホレっ、ホレっ、オシャレだろ!?」

って、押し付けられてる感じがする。

 

個人的に言えば

「スッキリミニマムおしゃれ」

より

「ファンシーかわいいおしゃれ」

的なものの方が好きだな。

「スッキリミニマムおしゃれ」

だけど頑張ってない感があるものは好き。

押し付けてない感があるものは好き。

 

 

あーなんだ、結局好みか。

ターゲットの違いですよね。

それぞれに、そうなった理由があるんですもの。

 

自分にとってオシャレすぎるものは

他人にとってはちょうどいい。

その逆も。

 

創る人(やるひと)             1

売る人(応援してくれるひと)        2

アプローチされる人(評価(アンチ含め)するひと) 7

 

くらいの割合?

アプローチされる人のターゲットが重要ですよね。

 

うーん。

何にでも当てはまることですもんね。

 

 

商品も会社も島全体も日本全体もすべてにおいてですねぇ。

 

知らない人の中では「そのこと、そのもの」はこの世に存在しない!

答えがない!!

やるしかない!

 

書くことっていいですね。

整理されました!

 

 

広告を非表示にする