与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

与論を学ぼうということで。

まずはいきますよね。

与論民俗村。

 

たぶん、20回以上は行っています。

でもその度に、発見があるし、おもしろい。

 

舞弦鼓の関東メンバー、からしーが来てたのです。

最近ガイド事業に力を入れており、勉強がてら、みんなでうろうろ。

 

 

なんとラッキーなことに、小学生が黒糖つくりを体験した後らしく

鍋に黒糖がこびりついていました。

カケラをもらって食べてみると、

味が濃厚!なんだろう、きび本来の苦み?石灰の苦み?

もあっていつも食べているのと味が違いました。

 

この日は、気温も11度~14度くらいだったので、

黒糖があっという間に固まったそうです。

 

ちょっとした冷蔵庫に入れてるような気温ですもんね。

風もびゅーびゅーだったし。

 

あーたのしかった!

 

翌日は

赤崎鍾乳洞、ハジピキパンタ、トゥマイ、尾道遊歩道

にいきました。

 

その辺はじぶんが案内しながら、、。

 

案内すればするほど自分の知識不足を痛感するですね。

 

 

なべしきに、絞ったさとうきびを使っているのが、

またかっこよさを感じる。イッツクール。