与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

移住?引っ越し?就職?

「移住」

最近よく耳にする言葉ですが、別の地に住む、住み始めるって色んな言葉があって、

 

やっぱり、「移住」が一番覚悟がいることなのかな。

 

島で育った私たちのほとんどが中学卒業、与論高校卒業を機にほとんどの場合、

「移住」をします。進学だったり、就職だったり。

だいたいの場合、自分がしたかったから、行ってみたいから。仕事を求め、知識・経験を求め。

 

その時の感じって、そこまで、「覚悟」というものはなかったような気がします。

 

就職してからも、転勤が当たり前の職場もあるし、単身赴任などでの引っ越し等も。

 

今、これだけ「移住」っていう言葉を目にするのって、田舎・地方への「移住」がやはり日本ではまだまだ特種なことなのかなーっと。

 

とてもいいブログ記事がありまして。

与論島に移住したナビィさんちの日記 家族を連れて与論島にUターンした男とその嫁の本音 その1

 

与論島に移住したナビィさんちの日記 家族を連れて与論島にUターンした男とその嫁の本音 その2

 

舞弦鼓メンバーやすこの移住日記。

を見て改めて。

 

田舎・地方はまだまだ情報が少なくって、いざ、移住したいとなると、不安なハードル

が高い。

都会とかって、結構情報があって、生活のイメージがしやすいような気がします。テレビでもよくでるし、最近は特にまちあるき的なのすごく多いし。10代後半、20代前半とかは不安<憧れ って感じなのでしょう。

 

上記で紹介した移住日記の対談形式、たぶん、

不特定多数の人が見るから、ふかーい本音のところは書けないはず。

でもすごくわかりやすくて、移住を考えてる人には見てほしいです。

 

そういえば、自分も嫁に「ブログかいて!子育てネタ!与論の情報すくないよ」

と4年前に言ったのがきっかけで始めてますし、まだまだ情報少ないんですよねぇ。

 

とうことで、、書ける人は書いてほしい。

ブログじゃなくてもいいし、与論の日常は、非日常なことが多い。

与論出身の自分ですら、たまげた事ばかりなんだから、出身者じゃない人はもっとたまげて当たりまえですもんねー。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする