与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

与論献奉(よろんけんぽう)のいいところ

あー、与論といえば与論献奉 。

自分もよく飲みすぎて失敗してますよっ。

失敗ばかりですよっ!!

 

デメリットは与論献奉 体験者は知ってると思うので

あえて書きません。

ここでは、よかったところを書きたいとおもいまーす。

 

与論献奉 で検索すればある程度ヒットすると思うので、説明はそちら

を参考ください。

「与論献奉」、その恐るべき儀式の中身とは! : 我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"

 

与論島 - Wikipedia

 

で、、、

 

「与論献奉」という呼称は、昭和50年代に

「これがよろんの憲法です」

とかいいながら回し飲みをしていたおっちゃん達から

その呼び名が生まれ、それを面白おかしく

10箇条とか作って、広まっていったとのこと。

飲み方は昔からありましたが、「与論献奉」という

呼称は最近の、それも当て字のような漢字で作られたので

くれぐれも、「奉納して、、献上する、、」などと

漢字から意味をとらないようにしてくださいね。

 

※「尊々我無」も新聞記者が記事にしてしまい、

誤った漢字で意味・言葉の精神性を取り違えられています。

 

そして、Wikipediaには1561年にはじまったとか書かれていますが、

飲み方じたいはもっと古くからあると思います。

江戸でもやってたとか長野の一部、宮古島、高知でもあるらしい

し、ただ、飲み方として残っているのがこの地域なんだと思います。

 

長くなりましたが、与論献奉 のいいとろ!!

◎自己紹介タイムがある!!

→始めましての、あの緊張感、何を話していいかわからない、

 あの空気。しかし、与論献奉 があれば、大丈夫。

 自分の名前、趣味など、皆の前で話をしよう。そこから

 話題が広まる。慣れてる人みたいに面白いこと言おうとか

 気張らずに、淡々と話せばそれでいい(*'▽')

 

◎親になると一人一人と話せる

→親(お酒を回す人)になれば、隣に行って一人一人と確実に

 話すことができます。趣味が一緒だったり、勉強ができたり

 と。

 

◎普段言えないあんなことまで!?

→与論で生まれ育っているほとんどの人が、

 自分の考えを面と向かって言うのが苦手(のような気がします)

 お酒の量にもよりますが、、普段言えないことをぶっちゃけたりも。

 ケンカにならないほどにね(笑)

 

◎居酒屋で知らない人と「ウェーい」!!

→居酒屋で与論献奉 しますよね。

 楽しくなっちゃって、隣の知らない人たちにも

 与論献奉 しちゃいましたよね。

 それで、「与論いったことあるよー」

 なんて聞いたら、そりゃうれしい。話も弾む。

 

 

 

 

ということで!!

与論献奉 のいいところでした!!

 

ダメなところはもっと多いけどね!!

楽しんでつきあおう(*'▽')

 

※与論献奉 を推進するものでもなければ、

 断固反対!!とかそういった意味の記事ではございません。

 自分の感想です。