与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

自信がないという事に自信がある

最近の発見。

 

自分は自分に自信がない。

ちょっとした批判でもすぐに落ち込み、しばらく抜け出せない。

それが、人格を否定するほどのものじゃなくても。

否定されると、自分自身が否定された気になって

「消えろ」とか言われるような気分に。

 

なんでこんなに、自分に自信がないのかを探してたんですが、

気づいた。

 

自分は自信がある。

自信がないという事に、自信がある。

 

 

自分も、自信家だった(笑)

なーるほど。

 

自分に自信がある人とか、突き進んでる感じの人ってすごく

かっこよくてうらやましいと思ってます。

 

例えばライバルと競争してて、負けた時とか、考えを否定された時にこう考えます。

自分の場合は「あー、やっぱりな。自分なんてこの世にいない方がいいんだ」と。

 

同じ状況の場合、自信がある人の場合だと、

「あー、やっぱりな。次はこうしよう。」とか

「負けてたまるか!」とか。

※自信があると思ってる人の発言を聞いての予想です。実際そう思ってるか

どうかは、、わかりませんが(笑)

 

自信がないと思うことで自分を守ってただけなんだ。

言い訳、逃げ場を作ってたんです。。。

 

でもそれって周りからしたら関係ないですもんね。

「自信がないから、安くします!!」

「舞弦鼓、自信がないので、適当に踊ります!!」

・・・ダメでしょ!!!信用できんわ!!!

 

いつも自信にあふれてていいなぁと思うひとがたくさんいるけど、

自信って、考え方ひとつでコントロールできるような。

 

最低限の自己肯定感さえもっていればいいのかもね。

自己肯定感を持つよう育てられたんだなって感じの人って

なんとなく発言でわかるんですよね。

変にネガティブな事言わないし噂に振り回されないというか。

自分の芯をもっているような。

子ども達には自己肯定感もって育ってほしい。

 

ひとまず、自信がないという事には自信があるので、

自信をつけたい!

〇〇したから自信がついた!

〇〇になったから自信がついた!とかは幻想だから追っかけるのやめよう。

 

広告を非表示にする