読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

【仕事の話】現金ってありがたいっすね

現金・・・。

ほんとにありがたいっすね。

 

与論帰ってくる前に居酒屋で店長として働いていた時に

オーナーから

「現金つかうなよー、なるべくカケで買ってよー」

 

って言ってて、最初は意味わかんなかったんですが、

数カ月たつと、「そりゃそーだわ!」

と納得した自分がいました。

 

買掛金で買ったら、現金が残る

居酒屋は毎日、当日提供する分の必ず必要な分は用意しておかなければ

なりません。

まとめて冷凍っていうのも限界があります。

 

そんな時に、ちょっとした買いものをするときに、

小口現金持ち歩いて近所のスーパーで買ったりしてだんです。最初は。

 

で、1日営業して、翌日に売上金を入金。

で、小口現金分、また出金。

 

それを繰り返してると、

売上金→小口で出金

 

て繰り返されて、経理上も手間がかかるし、

当月予算も立てづらい。

 

そして、現金が手元からでていくから、

いざまとまったお金が必要な時(給料日とか、突発的な出費等)

の際に現金がなくなるという。

 

だから、買掛(ツケ)で買えるところはそうしてくれと。

現金を手元に残しとくんだよと。

 

自分は父が結構ツケで買い物してきて、

母が「あんたはツケで買い物するんじゃないよ」

と教えられていたので、最初は抵抗ありましたが、

仕組みを知ったら、ツケも悪くないなと。

 

買掛金(ツケ)もいいけど、相手は限られる

まず、経営体力(お金)があるかないかが前提だから、

うちのような会社でツケでとかはちょっときつい。

 

でも逆の立場からいえば、うちも、翌月払いの

ところとかってすごく助かるんす。

 

印刷物は、最近はほとんどペイドっていう、

BtoB掛売り・請求書決済代行サービスPaid(ペイド)

やつでやってます。

 

与論での金額がある買い物も、ツケでお願いしたりも。

 

これは、とてもたすかります。

 

 

島は支払が早い

これは、まったく想定外でした。

というより自分の思い込みでした。

 

 

自分の父のような人ばかり(ツケで買い物する人)が多いと

思ってたし、

居酒屋とかでも、与論帰ってきた当初はツケて帰ってたこともあって、

現金を頂く事って、時間かかるのかなぁと思ってましたが、、

 

経理処理上、日にちが決まってる場合を除けば、

当日とかでも、翌日とかでもすぐに支払が行われます。

支払がない。・・と困った事が一度もない。

なんと、ありがたいこと。

 

自分と仕事してくださる方々って、

すでに与論でいろいろやってる方々で現金の大事さを

知ってるから、すぐに支払をしてくれてるんだろうなぁと思います。

 

 

 

まだまだまだまだ与論の先輩、

商売の先輩から学ぶことたくさんだわ。