与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

【誘う人誘われる人体験談3つ】

さてさて、与論からでて、色んな誘いがありました。

後悔した誘いもあれば、

今はネタとして話せるお誘いも。

ま、ちょっと不審なのは話を聞かないほうがいいなーと。

人によるけども~。

都会の人じゃ当たり前かもしれないけど、

与論から出てから気を付ける、こんなお誘い体験談を少し。

 

 

①ネット便利ですよ!パソコンも使えますよ!雑誌10冊分の情報が×××

鹿児島市に引っ越してしばらく。

当時はヤッホーが初期無料で赤いモデムをばらまいていた時代でした。

僕もバイトしてました。

 

自分は、ネットとかパソコン全然わかんなくて、でも卒論とかパソコンだし、

勉強せんとなーと思ってたところ。

 

1人の男性が家に現れました。

名刺を見ると大手通信会社の代理店という方でした。

「ネットをご利用かどうかお伺いしたい、使える環境か調べたい」

というこで、年も近そうで話しやすそうなおにいちゃんだったので、

家にあげました。

 

 で、

・ネットつかってないんですね!

・今なら、パソコンも最新機種のものを一緒に購入できますよ!

・パソコンなら、ゲームもできますよ!!(エミュレーター)

パソコンなら、雑誌買わなくても専門の知識が得られますよ!!(ものによる)

・今からパソコン使えないと仕事しても厳しいですよ×100回(ものによる)

・今なら、なんと月8,000円で、買えますよ!!

・カードも作りましょうよ!!便利ですよ!! (クレジットカードね)

・だいたい30万を分割です!

・サポートも無料です!

 

で、あまりにも押しが強く、なかなか帰らないもんだから、

そして、ちょっといいなと思ってしまって、、

「サインしときますんで、ひとまず帰ってください」

と、いいました。

 

当時はパソコン詳しい人周りにいなかったので、というか独りぼっちだったので

兄にきいてみると、

「自分で買って契約したほうがいいよ!高くないか?」

と教えてくれてたんですが、

ネットでムフフとか、カードが欲しかったりとか(なんでだろう(笑))

ゲームむっちゃできる!!!とかで、目がくらんで、契約してしまいました。

 

が、しかし、

結局8,000円の中に、

・PC本体の代金

・PCローン代(何割だったか高額)

そして、別で、、

・ネットの月額料

がかかって1ヶ月1万以上払うことに。

そして、全額支払いを計算すると、、、、7年!!!!

パソコン1台で7年!!!

「ボーナスいれてすぐ返してますよみなさん」

とかいってた。。。

 

はぁぁ、苦労しました。パソコン7年持てばいいほうなのは

知らなかったし、パソコンもほんとにその時の家庭用最上位機種。

そんなに機能いらん。。使えない。。意味がわからない。

 

ジャ〇ネットはほんとに良心的なんだなーと。

無知な人にほど良いものを売ってくれてると感じます。

 

 

 

 

②ニコニコ新聞おじさんから豹変した恫喝おじさん

川崎に引っ越ししたての頃。

最初は男友達2人で住んでたんですが、そんな時に限って自分ひとり。

 

ノックがあったので、でてみると、

新聞おじさん「〇〇新聞の者です!今新聞とってもらえたら、3ヶ月無料で、

 洗剤とかもつきますけど、どうですか?新社会人ですよね?」

とニコニコ話をしてきました。

 

感じがいい人だったので、丁重に、丁重にお断りしておりました。

が、

僕が「あー他社の新聞だったら、この前まで読んでたんですけどね、

新聞よむ習慣なくって」

と、(新聞じたいを今必要としていない)という事をアピールしたかったんですが、

その言葉の後に、表情が一変。。

 

新聞おじさん

「あぁ!!!テメェなめてんのか!!!

ウチの新聞とれねぇってか!!ふざけんなよ!!!このガキィ!!!チョーシこいてじゃなぇぞ〇×△・・・」

 

うぉぉぉぉー!!( ;∀;)

さっきのやさしそうなおじさんは、どこへ。。。?

 

しばらく罵倒され、

「社会なめんな!」とか

「クソガキ」とか数回言われた気がします。

 

そして、

洗剤を5個くらい玄関に置いて

「明日から持ってくるからな!!金用意しとけよ!」

と言い捨てでていきました。。(3ヶ月無料じゃないの??)

 

完全にびびった僕、どうしていいかわからず、、

ひとまず、「気の強い大阪人」のイメージの義兄へ連絡。

 

義兄、すぐに新聞社に連絡を取ってくれて、

義兄「新聞のオジサンが謝罪しにくるっていってるみたいだけど、どうする?」

と。

僕「いや、怖いんで、、、、会いたくないです」

と、伝えると、

義兄「そうかーほな気ーつけーやー!!」

 

と、普段みせない爽やかさを披露。

はぁぁぁ。びびったよー。。。義兄、ありがとうございます。

洗剤ですか?使いました。洗濯洗剤5パック。ありがとうございました。

ドアノブにかけてあった菓子折りは美味しく頂きました。

 

 

③美味しいお菓子が作れるわよ~。一緒にどお?

知り合いのツテで知り合った方。※以下、amおばさん

自宅も近いことから、すぐに話がはずみ、

 

amおばさん「自宅で食事会するから、ご一緒しませんか?」

 

と。

「おー、こんな都会でご近所付き合いっていいわねー」

と思ってた僕はさっそく予定を合わせ伺いました。

 

食事会は料理を作るところからでした。他にも3名いました。

なるほど、食事をみんなで作って、食べる会なのか。と判断。

 

開始直後から、ちょいちょい説明が入り始めました。

amおばさん「この鍋は、〇〇製でとてもいい鍋なの」

amおばさん「この油は〇〇製でとてもいい油なの

amおばさん「この洗剤は〇〇製でとてもいい洗剤なの」

と。

なんて研究熱心なんだろうと。ただ感心していた。

料理もお菓子もおいしかったし。

 

そして、

amおばさん「今度あなたに会わせたい人がいるんだけど・・・」

とのことで、また次回あうことに。

 

そしてその日。勉強になったあの日。

でっかい都会のビルに行き、ビシっときめたスーツの人がしゃべりだす。

 

知らない人の知らないグループにいきなり連れていかれて

この人がいかに素晴らしい人であり、すばらしい人脈を持ち

いかに人間的に、社会的に成功しているかを、写真や動画で

説明され知らない人に囲まれ

「一緒にやりましょう!!」

「一緒に夢をかなえましょう!!」

「あなたの生き方は、今変えられる!」

「電話帳に何件はいってますか?それがあなたの「財産」んですよ!」

 

将来の夢とか聞かれて「ずっと家でゲームしてたいです」

と言ったらすごく嫌な目で見られた。

 

そんな話より普段いく機会のないちょっとおしゃれなお店の

ビールとこんがりポークソテーを食べたいのです。

 

そして夜は更けていった。

帰路もまた、同じ方面。

話を聞いてるふりをして、なんできちゃったんだろう。。。気を付けよう。

と、そんな事をぼんやり考えていた。

 

なんでもそうなんだろうけど、稼げる人はごく1部だよね。

やりたい人はやればいいし、だけど電話でいきなり

「会わせたい人がいる」はやめてくれ。

そこで成功できる人は起業しても成功すると思うから、自信もて。

 

 

そして、その夜

「財産だ」という電話帳から1件、amおばちゃんの電話番号が消えた。