読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

シリコンで型を取る方法

Works

シリコンで型をつくるお仕事がありまして。

 

複雑な型ではないし、片面だけなので、流し込むだけ!です。

 

 

1.準備するもの

準備する物

  1. シリコーン
  2. シリコン硬化剤
  3. かき混ぜるやつ(今回はスプーンを使いました)
  4. かき混ぜる容器(今回はコップを使いました)
  5. 量り
  6. 新聞紙など、下にこぼれても大丈夫なもの

 

 

シリコーンは、

下記のウェーブシリコーンゴムを使いました。硬化剤もついてるので安心です。

ウェーブシリコーンゴム 1kg

ウェーブシリコーンゴム 1kg
価格:3,348円(税込、送料別)

 

2.シリコーンと硬化剤をまぜよう

シリコーンを缶からコップに移します。

今回は150g入れました。

硬化剤は100gに対し、約40滴を入れます。

シリコーンが150gだったので、硬化剤は約50~60滴ほど入れました。

 

硬化剤の量を間違え、一晩たっても固まらず、ドロドロでぶちまけたことがるので

硬化剤の量はご注意ください。

 

ぶちまけたシリコーンをひたすら新聞紙でふき取り、布でふき取り、、

食器用洗剤で拭いたら、割ととれたような感覚です。実際取れてるのか

はわかりませんが。体感。

 

硬化剤を適量入れたら、よーーーーーくかき混ぜてください。

ムラのないように。このシリコーンは硬化剤が赤いので、

まんべんなく薄いピンク色になればオッケーです!!

 

3.たらします。そーーっとね。

容器に型をとりたいものを置いて、そーーーーっと、

シリコーンをたらします。

空気を入れないようにそーーーっとです。

 

そして、トントン、、トントンと、

かるーーーく容器をたたいて、空気を抜きましょう。

このシリコーンは空気が抜けやすく扱いやすいとありますが、

やはりここでしっかり空気を抜いておかないと、気泡が

できてしまいます。

 

4.それではまた明日!!

あとは、ほっときます。

数時間で固まるらしいですが、急いでない場合は

次に日とかまでほっといたらいいと思います。

 

でぃやーーーーん!!

固まったら、ポロっと外れやすくなります。

 

 

あとは、型からはずせばオッケーです!

下に油粘土とか引いた方がきれいにとれるらしいですよ!

 

 

 

※写真では下に新聞紙をひいてますが、2枚じゃ浸透するので、

いらなにビニールとかそっちのほうが処分しやすくていいかもです。

※空気ぬきは、これでもかというくらい、慎重かつ、丁寧に!