与論シマライフログ

与論島での生活の様子、舞弦鼓の活動などをご紹介!

【舞弦鼓演舞】プリシアリゾート(成長を感じる子ども達)

昨日はプリシアリゾートサンセットライブでの演舞でした。

 今回は、演舞を始める前に、民謡を2曲。

1曲目は「安里屋ユンタ」

地謡の横に座りスタンバイしながら、自分が少しヘーシと太鼓を打ちつつ。

 

2曲目は「月の美しゃ(つきのかいしゃ)」

高音でとても好きな八重山の歌です。

なんかすごく情緒的な感じで、うっかり聞き入って太鼓を打つのを

遅れてしまいました・・・。

 

ラストの豊年音頭では、お客さんの家族連れの方が子どもたちのノリノリで

やっていました。締め太鼓をわたすと、トントン(^^♪

 

 

 

そして、今回の演舞で非常に感じたこと

今回の演舞メンバーは全員子どもがいるメンバーでした。

 

2歳~小6。

 

ゴッツァの奥さんがいつも子ども達を見ていてくれるのですが、

今回はかなり人数が多かったと思います。

 

演舞後のラインのやりとりで

「子守隊が、、、育っててじーんときました( ; ; )」

 

あぁっ!!確かに!!

 

小6の女の子3人いますが、2人は演舞にでたりで、

大人を除けばその子が最年長で、いつも子ども達を見ていてくれます。

 

小2、小1の子が2歳~5歳の子と遊んでいてくれたり、

 

そして、今回は、演舞の帰り道、

小1の女の子が2歳の男の子と手をつないで歩いていてくれたり( ;∀;)

 

この前まで、面倒みられる側だったのにー( ;∀;)

俺が冗談で追いかけたら、ピギャー!!って泣いてたのにー!!

 

 

ウルウル。

 

 

 

そんな後ろ姿を見ながら歩いた帰り道でした。

 

 

なんか、こういうの、楽しかったよなぁって思いだします。

うちは同年代の親戚が多くて、年齢+-5歳くらいでほんとに

よく遊んでもらった。

 

で、10月に、その親戚が沖縄から家族を引き連れて遊びに来ます。

子ども達も、うちと同じような年齢。

楽しい思い出を作ってほしいなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする